無線LANルータ NEC Aterm WG2600HP2購入

最近、Nintendo Switchのスプラトゥーン2に一家でハマってまして、より良い通信対戦環境を構築するべく、11ac(5GHz帯)に対応している無線LANルータ NEC Aterm WG2600HP2 を導入しました。性能や評判を見ると現時点でこれ一択でしょうってなモデルですよね。前に使ってた無線LANルータも NECのWR8700N-HPで、問題なく使えていたし自分的に安心のメーカーです。

ところが、無線LANルータを変えてからスプラトゥーン2をプレイしていると、ちょいちょい、プレイ中に通信が切断するようになってしまいました。えーっ、このために新しいルータにしたのに逆効果!なんでなんだ! …と調べてみたら、上の画像を見てすでにお気づきの方もいらっしゃるかもしれません。そう。横に置いてあるコードレス電話の子機。これが2.4GHz帯を使っていて、5GHz帯にも影響を及ぼしているみたいなのです!しかも、この子機を挟んで反対側にNintendo Switchが置いてあり、電波を遮る形になっています。子機をスタンドから持ち上げると親機と通信が始まり、確実にスプラトゥーン2の通信が切断される!

今まで5GHzで接続していて問題なかったのに、なんでAterm WG2600HP2に替えたらこんなことに?おそらく、11acで接続されるようになったので、この規格が電波干渉に弱いのかもしれません。
 

そこで、コードレス電話の子機を無線LANルータから離してやりました。この程度離すだけで、スプラトゥーン2のプレイ中に切断することはなくなりました。

よいこのみんな!スプラトゥーン2で通信がよく落ちてないか?コードレス電話を近くに置いていたら、離してみよう!

最近のコードレス電話の通信は1.9GHzで、無線LANの帯域に干渉しにくくなっているみたいです。我が家のコードレス電話機も買って10年以上経つし、これを機会に1.9GHzを使用する新しいものにしてみようかと思います。

関連記事
Panasonic 電話機とテレビドアホン購入 子機(1.9GHz帯)の無線LANへの影響