神経コントロールの義手の進歩がすごい

人間の神経系からの信号でコントロールできるロボット義手が完成 (TechCrunch Japan)

Johns Hopkins University(ジョンズホプキンス大学)のApplied Physics Lab(応用物理学研究室)が、高電圧の感電事故で両腕を失った人に、その人の神経系の信号でコントロールできる義手を取り付けることに成功した。

神経に接続してコントロールできる義手が急速に進歩しつつあるようだ。これからどんどんスムースに動くようになるに違いない。そのうち指20本に分裂してキーボードをもの凄い速度でタイピングできるようになるよ。きっと。

コメント(0) トラックバック(0)