高額で売買された映画の小道具・衣装

有名映画がずらり…史上もっとも高額で売買された小道具・衣装TOP30 (らばQ)

映画の中で実際に使用された品々。売買された上位はもの凄い金額です。自分的には以下の品が気になる。

27位「インディ・ジョーンズ:最後の聖戦」インディーの鞭。取引価格:1万2000ドル(約120万円)
いいな!ビシッと巻きつけて何かを引き寄せたりしたい。こんな値段だったらできないけど。

16位「スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望」ルークのライトセーバー。取引価格:24万ドル(約2400万円)
ブィン、ブィン、シュバーッ!!って想像で光の刃を補い、振り回したい。

15位「ブレードランナー」デッカードの拳銃。取引価格:27万ドル(約2700万円)
そうそう!こんなダブルトリガーだった!重厚な金属のマテリアル感を握って確かめたい。小さな折鶴と一緒に飾っとく。

13位「ターミネーター2」T-800メタルモデル。取引価格:48万8750ドル(約4890万円)
等身大の奴かな?目、光る?玄関に置き、門番として飾って置きたい。

12位「バック・トゥ・ザ・フューチャー」タイムマシンのデロリアン。取引価格:54万1000ドル(約5410万円)
どのバージョンだろう?未来に行って帰ってきた、ゴミを炉に入れて動くやつかな?自室の隣にガラス張りのガレージ作って、そこに置いて眺めてたい。

11位「新スタートレック(TNG)」U.S.S.エンタープライズ。取引価格:57万6000ドル(約5760万円)
NCC-1701-D型機?E型機だろうか?データの壊れた頭部とかラフォージのバイザーとかと一緒に飾って置きたい。

こんなの手に入れられたらホクホクしちゃうわ。ビル・ゲイツ級の大金持ちじゃないと無理な金額だけど。

ちなみに、1位は「七年目の浮気」のマリリンモンローの白いドレス、取引価格:460万ドル(約4億6000万円)だそうです。スカートがぶわーっとまくれるアレですね。

コメント(0) トラックバック(0)