SIREN:New Translation

今になって、SIREN:New Translationを買ってプレイ中。ベスト版で安かったもんで。2008年に発売されてるので、もう6年前のゲームなのか。

何度も死にながら進めていく典型的な覚えゲー。屍人に見つからないよう、視界ジャックをしてコソコソ行動するのが緊張感あって楽しい。

昔、体験版をプレイした時は操作キャラが外国の成人男性で、日本人の貧相なおじちゃん・おばちゃん屍人相手じゃ体格に差があり過ぎて恐怖感に乏しく、購入を見送ってしまったのだった。製品をプレイしてみたら、外国人だけど少年だったり、幼い女の子だったりで結構、恐怖感を楽しめる。じっくり遊んでみよっと。

コメント(0) トラックバック(0)