ナノイーの新型空気清浄機が欲しい

花粉症の症状が出始めた日と同時に風邪をひいてしまった。この休日は寝床で過ごす。しかし、目鼻が痒い。くしゃみも出てなかなか寝付けない。

枕元に空気清浄機を持ってきたら、幾分かマシになった。アレルゲンセンサーがつきっぱなしだ... この季節、マスクと帽子を着用。外出したら家に入る前に体を払い、すぐ風呂に入るようにしている。嫁さんも髪を洗い、花粉を落としてから寝るように協力してくれている。なのに寝室はこの有様。辛い。

TVCMで見た、松下電器の空気清浄機、F-PXC50が気になる。空気取り入れ口が低く、床面近くにある花粉を効率よく取ってくれるらしい。今、寝室で使っている空気清浄機は松下電工のもので、ナノイーという微細な水イオンを発生させてカーペット等の布繊維の奥まで浸透し、臭いやアレルギー物質を抑制してくれる装置がウリで、なかなかいい感じ。これがF-PXC50にもついている。

最近、松下電工と松下電器は互いの重複事業の再編が行われたそうです。空気清浄機はこれまで電工と電器、どちらからも製品が出ていて、グループ会社でお互いを食い合っていたところを、家電事業は統合。ナノイーの技術は松下電器に受け継がれたんですね。

松下電工のナノイーは水を補給する必要があるのだけど、松下電器になってからは、空気中の水分を結露させて利用するので、補給の必要がなくなっているらしい。おお、進化している。電工のはリビングに移して、寝室には電器の新型を導入したいなぁ。

コメント(0) トラックバック(0)