靴を購入した。メレルの PathwayMoc J66329 というモデル(右側)。自分の幅広・甲高な足にメレルの靴はジャストフィットで嬉しい。このモデルは靴紐がなく、ゴムを伸ばして履くので足を入れやすい。かかとの方にもゴムの切れ目があり、スリッポン的な楽さ。
 

これまで履いていた同じくメレルの PathwayMocCV J38461 は履いてもう何年になるのだろう。底がすり減り穴が空き、雨の日は靴下まで水が浸透するようになってしまった。キャンバス地で足の形にフィットしやすく、汚れもそんなに気にしなくても良かったのだけど、生産は終了してしまっている。
 

PathwayMoc J66329はスウェード地なので、汚れには気を使いそうだけど、なかなかオシャレで気に入っている。長く付き合っていこうと思う。

↓ちなみにAmazonで買ったんですけど、普段25.5の靴を履いている自分に 8(26cm) 2E でも小さすぎたので、返品して 8.5(26.5cm) 2E を注文しなおしました。


コメント(0) トラックバック(0)

カーナビに保護フィルムを貼ってみた。そのままだと、画面がツルテカで反射して見にくいんですよね。なので、反射防止タイプ液晶保護フィルムを選択。

ミヤビックスの KENWOOD MDV-Z904 / MDV-Z704 専用の保護フィルム。画面全体を覆うタイプで、このようにハードウェアキーの出っ張り部分が切り欠いてある。

ちなみに、この保護フィルムを貼った時、ホコリや泡が入らず、会心の出来だった!

これまで、ゲーム機やスマホなど、いくつも、保護フィルムを貼ってきましたけど、保護フィルムって、画面を清掃した後、一発で決めた位置に貼れれば問題ないのだけど、どうしても、ちょっとずれて、貼り直しているうちにホコリが挟まって台無しになるってパターンが多いんですよね。

そこで思いついたのが、台紙がついたままセロハンテープでこの場所!って位置に固定してから台紙をはがしてやる方法。これ、やり直しがなくてパーフェクトでしたよ!

↓この保護フィルム、清掃用アルコールやクリーニングクロスは付いてないので、ご注意ください。自分は、ファミレスとかでもらえる、袋入りの手拭きで清掃しました。


コメント(0) トラックバック(0)

このたび、カーナビの KENWOOD MDV-Z704 を購入しました。10年使用してきた Clarion MAX-960HD は、地図更新料が高い(¥25,000)ので一度も更新しておらず、さすがに道路状況の違いで使いにくくなりまして。

KENWOOD MDV-Z704を選んだ理由は…


【その1】
とにかくスワイプの反応の速いマップ画面!
展示されている他社製品と触ってくらべましたが、この速さは断トツ!つか、スマホのGoogleマップと同様なんですけど、今のカーナビではこれが当たり前ではなく、他社のは「少し遅れてスクロールする」「追従はするが、表示が間に合わずブロック状に白く表示が欠ける」という感じなんですよね。実は最初は ECLIPSE AVN-D7 に目星をつけていたのですが、この違いでKENWOOD MDV-Z704に鞍替えをしちゃいました。


【その2】
地図の色が淡くて見やすい!
主要なところだけが分かりやすくてよいです。他社のものは原色ばかりでギラギラしてるものが多く、見づらいんですよね。


【その3】
スマホで事前に地点登録・ルートプランが編集できる!
アプリの NaviCon を使って行えます。他社でも当たり前の機能かもしれないですが、これで、長い時間エンジンをかけてるのを気にして焦りながら車の中で入力をしなくて済みます。


【その4】
地図更新が年2回(春・秋)で、年会費¥3,600!しかも初年度は年会費無料!(クーポン特典)
Webから地図データをダウンロードしてきて、SDカードに入れて本体に挿せば更新できます。(2022年春までの5年間対応) 他社では3年まで地図更新無料というのもあるのですが、それ以降にかかる地図更新料を考えると、どっちがお得かなという感じです。3年くらいでナビを買い替える人なら、そちらの方が良いかもしれません。


【その5】
音がいい!ハイレゾ対応!
純正の4スピーカーなんですけど、本体を交換しただけで、ずいぶん音がよくなりました。自分の好みでは、余分なところ・足りないところは感じず、イコライザーなど調整をする必要がなかったです。同乗者との会話の妨げとなったり、長時間聞いていると疲れるので普段はOFFにしているのですが、眠気覚ましやノリノリで運転したいときなど、もっと迫力が欲しいなと思ったら、音質・音場効果のミュージックラウドネスを有効にするといい感じです。圧縮フォーマットをより高音質化してマスター音源のクオリティーに近づけるという「K2テクノロジー」もいいですね!

などなど、気に入って使ってます。これで、どっか遠出をしてドライブを楽しんでみよっと!


コメント(0) トラックバック(0)

REGZA 55Z700XにUSBのキーボードを接続してみた。ふつーに使えた。REGZAのビデオの方では使えるって知ってたけど、TVの方は知らなかった。

残念ながらUSBのマウスは使えなかった。ポインターをもっと自由に動かせなきゃWebブラウザとして常用するのは辛いな。ちなみに、キーボードの矢印キーでポインターが動かせました。

↓使ってるUSBキーボード


コメント(0) トラックバック(0)

購入したREGZA 55Z700XでYouTubeの4K映像を再生してみた。しかし、どうも詳細さが今一つで時々カクつく。よく見ると視聴回数の横に「HD」と表示されている。その他のオプション → 統計情報 を確認してみた。Optimal Resolution が映像本来の解像度で、その上の Resolution が今表示している解像度らしい。1920 X 1080@30 とあるので、4Kで表示できていない。

YouTubeのヘルプで「ライブ エンコーダの設定、ビットレート、解像度」を参照すると、2160(4K)、30fps では、動画ビットレート範囲が 13,000~34,000 Kbps とある。統計情報の Connection Speed は 7,000~10,000Kbps 程度しか出ていないので、どうやら、通信速度が足りていない。

55Z700Xと無線LANルーターが2mほどしか離れていないから、接続は無線の5GHzで十分だろうと思って無線でつなげていたのだけど、やっぱり厳しいようだ。そこで、55Z700Xとルーターを有線LANで接続してみた。55Z700Xの初期設定からネットワーク設定の接続タイプを有線LANに変更。

すると詳細さアップ。カクつきもなく、視聴回数の横は「4K」、Resolution は 3840x2160@30、Connection Speed は 22,000~40,000Kbps 程度になった。これで4K映像を楽しめるようになった!

だけど、YouTubeの「ライブ エンコーダの設定、ビットレート、解像度」で 2160(4K)、60fpsだと、動画ビットレート範囲は 20,000~51,000 Kbps必要なので、ちょっと足りないな。これはルータを変えるか、プロバイダのコースを1GBコースに変えないとダメなのかな。

追記
プロバイダのコースを100MBから1GBに変えてみた。コンスタントに48,000Kbpsくらい出るようになった!


コメント(1) トラックバック(0)