特殊ドライバーセットを買いました。JK6088A 38in1というやつ。久々にゲームボーイポケットを動かしてみたら、左キーが反応しなかったので、分解掃除しようと思ったのだが…
 

こういうY字型ネジだったので開けられなかったのです。
 

星型、六角、三角、U型、Y型、などの特殊形状のものと、+、-の精密ドライバービットが各サイズ36個入ってます。
 

このパッカーンと開いて、ドライバービットが起き上がるギミックが高揚する!!
 

これ!このY型を使いたかったのです。
 

さっそくネジを外してみる。クルクル…
 

あいた!
 

基盤にヤニ汚れっぽいのが付着してます。左キーのところも接触不良を起こしてるみたい。
 

エタノールで拭いてみました。きれいになった。
 

これで、左キーが効くように。懐かしのポケットモンスター緑で問題なくプレイできました。
 

この特殊ドライバーセットは700円(2017/11/30現在)と安価な割に、ドライバービットはクロムバナジウム鋼で強度もあり精度も高いのでオススメです。「38in1」とあるのは、グリップと延長バーも含めてなのでご注意ください。


コメント(0) トラックバック(0)

 

SNSボタンでの投稿でFacebookとTwitterのOGPサムネイルに対応させたので、動画もインラインで表示させようと頑張ったのだが、OGPの項目を満たしていると思うのだけどうまくいかない。Facebookでは上の状態でサムネイルに三角マークを表示させてそのまま再生できるようにしたいのだが、表示されるのは og:image だけで、クリックすると記事に飛ぶ。
 

Twitterでは、サムネイルに三角マークが出るところまではいったのだけど、クリックすると下の画像のようになって、空白に。


 

OGPは以下のようにmetaへ記述している。

<meta property="og:type" content="video.movie" />
<meta property="og:locale" content="ja_JP" />
<meta property="og:title" content="直管LED蛍光灯20W取り付け 安定器のカット:らっぱ王子" />
<meta property="og:url" content="http://denzo.sakura.ne.jp/archives/2017/1104_204746.htm" />
<meta property="og:description" content=" 自室の照明、パナソニック HA8235TC GPLの蛍光灯を直管型のLED蛍光..." />
<meta property="og:site_name" content="らっぱ王子" />
<!-- og:image -->
<meta property="og:image" content="http://denzo.sakura.ne.jp/data/LED_20W_1200LM_019.jpg" />
<!-- og:video -->
<meta property="og:video" content="https://youtu.be/luldaRRV8io" />
<meta property="og:video:url" content="https://youtu.be/luldaRRV8io" />
<meta property="og:video:secure_url" content="https://youtu.be/luldaRRV8io" />
<meta property="og:video:type" content="application/x-shockwave-flash" />
<meta property="og:video:width" content="1920" />
<meta property="og:video:height" content="1080" />
<!-- fb -->
<meta property="fb:app_id" content="xxxxxxxxxxxxxxx" />
<meta property="fb:admins" content="xxxxxxxxxxxxxxx" />
<!-- Twitter -->
<meta name="twitter:site" content="@sazitter" />
<meta name="twitter:card" content="player" />
<meta name="twitter:player" content="https://youtu.be/luldaRRV8io" />
<meta name="twitter:player:width" content="1920" />
<meta name="twitter:player:height" content="1080" />
<meta name="twitter:image" content="http://denzo.sakura.ne.jp/data/LED_20W_1200LM_019.jpg" />

縦・幅の指定はいろいろ変えてみたが変わりなし。間違ってないよね、どうして…

関連記事
Movable Type FacebookとTwitterのOGPサムネイル画像対応


コメント(0) トラックバック(0)

 

ブログにSNSボタンをつけて自サイトの記事を投稿したら、FacebookとTwitterのサムネイルが空白になっているのに気が付いた。調べてみると、OGPというのに対応しないといけないみたいだ。こんなの知らなかった… MTのテンプレートを見ると、Rainierをベースにしたソースにすでに記述されていたのだけど、条件が合わず、デフォルトの siteicon-sample.png という空白の画像が呼び出されていた。
 

テンプレートのheadを以下のように直した。後述の カスタムフィールド で指定した画像URLが <mt:EntryDataOgimage> に入る。Og:imageが指定されていない場合は、【代わりに表示される画像】になる。twitter:card はとりあえず summary にしといた。

<!-- og:image -->
<meta property="og:image" content="<mt:If tag="EntryDataOgimage"><mt:EntryDataOgimage><mt:Else>【代わりに表示される画像のURL】</mt:If>" />
<meta property="fb:app_id" content="【Facebookの15桁のapp_id】" />
<!-- Twitter -->
<meta name="twitter:site" content="@【TwitterID】" />
<meta name="twitter:card" content="summary" />
<meta name="twitter:image" content="<mt:If tag="EntryDataOgimage"><mt:EntryDataOgimage><mt:Else>【代わりに表示される画像のURL】</mt:If>" />

 

【Facebookの15桁のapp_id】は以下の手順で取得。

  1. Facebookにログインしている状態で https://developers.facebook.com/apps にアクセスする。
  2. [今すぐ登録] を押す。
  3. Facebook開発者として登録 ウインドウで、[はい] を選択して [次へ] を押す。
  4. アカウントの認証で [電話番号] を記入し、[SMSで受け取る] か、[電話で受け取る] を押すと、認証コード が連絡される。[認証コード] に入力して [登録] を押す。
  5. [アプリIDを作成] を押す。
  6. [表示名] に入力する。(一旦、適当でかまわない。自分はNullAppと入力した)
  7. [アプリIDを作成してください] を押す。
  8. [表示されたテキスト画像から読み取れる文字列を入力する。
  9. 表示された画面の左上の アプリID:~~ の数字が app_id 。
 

【TwitterID】は以下の手順で確認。

  1. Twitterにログインしている状態で https://twitter.com/ にアクセスする。
  2. 開いた画面の左にあるプロフィール欄の @~~ がTwitterID
 

MTに カスタムフィールド を追加し、記事でOg:imageを指定できるようにする。
管理画面の左のメニューから カスタムフィールド → 新規 で以下のように作成。

自分の場合、画像はFTPで上げているので、[種類] は [テキスト] にしてURLを入力できるようにした。MT上で画像を上げている場合は、[種類] を [画像] にすると、記事でアップした画像を選択できるようになるみたいです。
 

[記事作成画面] か [記事の編集画面] の右上の [表示オプション] から、[og:image用画像] にチェックを入れておくと、記事記入欄の下に、og:image用画像のURL入力欄が表示される。
 

記事にog:imageを指定して公開・更新したら、どのような見た目になるか以下のサイトで確認ができる。

Facebookの場合
Open Graphオブジェクトデバッガーにアクセスする。


 
  1. URLを入力 に og:image を確認したい記事のURLを入力する。
  2. [新しいスクレイピング情報を取得] を押す。

以上で、下の部分に適用された状態のプレビューが表示される。思った画像が表示されないときは、[シェアダイアログでこれを確認できます。] で開いたウインドウで確認できたら、反映されている。

[新しいスクレイピング情報を取得] は、Facebookに取得されているキャッシュを更新するボタンで、過去の記事で画像を変えたい場合や、新規記事ですぐにFacebookにキャッシュしてもらいたいときにも使える。また、画像だけでなく、meta name="description" なども更新される。

Twitterの場合
Card validator にアクセスする。


 
  1. Card URL に og:image を確認したい記事のURLを入力する。
  2. [Preview card] を押す。

以上で、右に適用された状態のプレビューが表示される。こちらも、Preview を実行したら、Twitterに取得されているキャッシュが更新されるらしい。
 

追記

Card validator を何度も確認していたら、Unable to render Card preview と表示されて受け付けなくなってしまった。本当はドメインを申請してホワイトリストに加えてもらわないといけないらしい。
 

どの記事でもいいので、Card URL に記事のURLを入力して Preview card 押すと下に Request Approvalボタンが表示される。押すと以下の入力欄が表示される。

  • Name:名前を入力(すでに入力されているはず)
  • Email:Twitterに登録しているメールアドレス(すでに入力されているはず)
  • Twitter Username:@ではじまるTwitterユーザーネーム(すでに入力されているはず)
  • Description:サイトの概要(自分は meta name="description" の内容を入力した)
  • Mark my cards as containing sensitive content:アダルトなど、慎重を要するサイトの場合はチェック
  • Website Twitter Username:サイト運営者のTwitterユーザーネーム(Twitter Username と同じにした)
Request Approval を押すと申請される。自分の場合、2時間ほどで申請が通り、プレビューが反映されるようになりました。
 

これで、一応OGPに対応できました。だいぶ前からあった仕様みたいなのに、全然知らなかった。いまごろ?ってやつ…

関連記事
FacebookとTwitterのOGP動画インライン対応できず


コメント(0) トラックバック(0)

 

このブログではMovable Typeのプラグイン、OpenGraphLike でSNSボタンを設置していたのだけど、仕様が変わって正しく表示されないものが出てきた。最近、よく上の画像のようなSNSボタンを見かけるので、これを取り入れてみようと調べてみた。

すると、やはり近頃のブログツールはWordPressが主体で、そちら方面のプラグインは数多く見つかるのだけど、このブログで使ってるMovable Typeのものは、なかなかない。WordPressいいなぁ。やってみたいなぁ…だけど、このブログはさくらインターネットのライトプランなので、WordPressは使えない。(方法はないことはないのだけど)

いろいろ調べて、こちらのサイトの方法でうまくいったのでメモっとく。
Movable Type(ムーバブルタイプ)にSNSシェアボタンを設定する設置方法(ウェブデザイナーのお仕事)

MTのテンプレートに以下HTMLを追加する。※修正済み

<!-- いいね -->
<div id="share">
<ul>
<!-- Twitter -->
<li class="share-twitter">
<a href="http://twitter.com/share?url=<$mt:EntryPermalink$>&text=<$mt:EntryTitle encode_url="1"$>%ef%bc%9a<$mt:BlogName encode_url="1"$>" target="_blank">Twitter</a>
</li>
<!-- Facebook -->	
<li class="share-facebook">
<a href="https://www.facebook.com/sharer/sharer.php?u=<$mt:EntryPermalink$>" target="_blank">Facebook</a>
</li>
<!-- Google+ -->
<li class="share-google">
<a href="https://plus.google.com/share?url=<$mt:EntryPermalink$>" target="_blank">Google+</a>
</li>
<!-- はてなブックマーク -->
<li class="share-hatena">
<a href="http://b.hatena.ne.jp/add?mode=confirm&url=<$mt:EntryPermalink$>&title=<$mt:EntryTitle$>" target="_blank">はてブ</a>
</li>
<!-- Pocket -->
<li class="share-pocket">
<a href="http://getpocket.com/edit?url=<$mt:EntryPermalink$>" target="_blank">Pocket</a>
</li>
<!-- LINE -->
<li class="share-line">
<a href="http://line.me/R/msg/text/?<$mt:EntryTitle encode_url="1"$>%ef%bc%9a<$mt:BlogName encode_url="1"$>%0D%0A<$mt:EntryPermalink$>" target="_blank">LINE</a>
</li>
</ul>
</div>
<!-- いいね -->

TwitterとLINEは表示をちょっと改造させてもらった。あと、Shift-JISでは「はてブ」の日本語の表示に不具合が出たので、UTF-8にしときました。

そして、上記HTMLに以下CSSを割り当てる。

@charset "utf-8";

#share ul{
	height:auto;
}
#share li{
	font-size:14px;
	float:left;
	text-align:center;
	width:84px;
	margin-right:1%;
	margin-bottom:8px;
	border-radius:3px;
	list-style:none;
}
#share li.share-twitter{
	background:#55acee;
	box-shadow:0 2px #2795e9;
}
#share li.share-twitter:hover{
	background:#83c3f3;
}
#share li.share-facebook{
	background:#3b5998;
	box-shadow:0 2px #2d4373;
}
#share li.share-facebook:hover{
	background:#4c70ba;
}
#share li.share-google{
	background:#dd4b39;
	box-shadow:0 2px #c23321;
}
#share li.share-google:hover{
	background:#e47365;
}
#share li.share-hatena{
	background:#2c6ebd;
	box-shadow:0 2px #225694;
}
#share li.share-hatena:hover{
	background:#4888d4;
}
#share li.share-pocket{
	background:#f13d53;
	box-shadow:0 2px #e6152f;
}
#share li.share-pocket:hover{
	background:#f26f7f;
}
#share li.share-line{
	background:#00C300;
	box-shadow:0 2px #009d00;
}
#share li.share-line:hover{
	background:#2bd92b;
}
#share a{
	display:block;
	height:27px;
	padding-top:6px;
	color:#ffffff;
	text-decoration:none;
}
#share a:hover{
	text-decoration:none;
	color:#ffffff;
}

こちらも、UTF-8で保存し、先頭に @charset "utf-8"; を加えた。

これで各記事にSNSボタンを設置できました。しかしすごいなぁ、CSSで ul li にこんな横並びのボタン風の体裁にできるとは。

追記
IE11だと、TwitterとLINEで400 エラーが出て動作しなかった。IE11の設定を以下のようにすると直る。 ツール → インターネット オプション → 詳細設定 → インターナショナル → イントラネット以外の URL の UTF-8 クエリ文字列を送信する にチェック。
閲覧者側で設定しないといけないので、エンコードとか指定しないといけないっぽい。対処が難しいな… 文字列を英数字だけにしとけば大丈夫そうだけど、タイトル:サイト名は入れときたいしなぁ。

追記2
タイトルとブログ名のタグに encode_url="1" を入れるとURLエンコードされる!知らなかった!以下のように修正しました。これでIE11でも大丈夫。
<$mt:EntryTitle encode_url="1"$>
<$mt:BlogName encode_url="1"$>


コメント(0) トラックバック(0)

 

3月から出向先への通勤にPiTaPaのマイスタイルを利用し始めた。確定申告のために交通費として利用料の明細を入手しようとしたら、WEB上から入手できるのは最大6ヵ月前までで、それより前のものは申請しないともらえないと判明!

会員サイトのPiTaPa倶楽部に電話したところ、担当の部署の連絡先を教えてもらい、株式会社大阪メトロサービスに電話。こちらでは、誕生日や住所などで本人を確認してから、電話で口頭での連絡になるとか。ひと月往復して40件くらいはあるのを、ひとつひとつ口頭で書き留めていくって、なんだかムダだし、こっちも担当の方も辛い作業では。データか書面でいただけないか尋ねたら、担当の部署の連絡先を教えてくれた。

ようやくたどり着いたのは、スルッとKANSAI PiTaPaお客様相談室。さっそく電話。しかし、書面での受け取りは、

  1. 手渡し:大阪市内にある事務所に赴いて、本人を証明するものを提示して受け取る
  2. 郵送 :所定の書類を郵送してもらい、そこに住所・氏名などの記入、印鑑をついて印鑑登録証明書を添え、本人を証明するもののコピーを入れて送り返したら明細を郵送してもらう
…ということになるとか。迷わず郵送でお願いする。
 

数日後、所定の書類が届いた。書類に記入して印鑑をつき、印鑑登録証明書を添える。印鑑登録証明書は、今回セブンイレブンのマルチコピー機で発行してみた。こういう時、マイナンバーカードがあると便利。

そして、本人を証明するものとして免許証のコピーをとるのだけど、給付金の申請とか、免許証のコピーをとる機会って結構あるので、その度にコピーを取りに行くのって面倒。そこで、マルチコピー機の「スキャン」で、免許証を撮ったデータを持参したUSBメモリーに保存して、自宅でプリントアウトできるようにしといた。最近のコンビニのコピー機っていろいろできてすごいなあ。
 

さて、書類を送付して、翌週に明細が届きました。「明細が届くのは、1か月から1か月半後くらいになる場合があります、ご了承ください」と聞いてたのだけど、早かったですね。ありがとうございます。これで確定申告は大丈夫。書類は個人情報保護のため、追跡可能な、ゆうパックの着払いで届きます。

PiTaPaは、仕事以外の電車やバスの利用、買い物もできたりするので、交通費として計上できるように明細が必要になります。同じように、明細の取り寄せが必要になっちゃった人もいるかと思うので、以下にまとめておきます。

【PiTaPa利用明細書の入手】
連絡先
 スルッとKANSAI PiTaPaお客様相談室
電話番号
 06-6258-0777 平日9:00~17:00(土日祝を除く)

■訪問での入手
 大阪市中央区南船場3-11-18
 郵政福祉心斎橋ビル8階へ
 本人のPiTaPaカードと印鑑(認印可)と本人を証明するものを持参
○費用
 個人情報開示に費用はかからない
 電話代
 交通費

■郵送での入手
 所定の書類を郵送してもらい、
 住所・氏名などの記入、
 印鑑の捺印と印鑑登録証明書(コピー不可)
 本人を証明するもののコピー
 同封されている返信用封筒に入れて返送(切手が必要)
○費用
 個人情報開示に費用はかからない
 電話代
 印鑑登録証明書の発行代
 本人を証明するもののコピー代
 郵送料(申請書類の送付・明細の受け取り)

参照
スルッとKANSAI PiTaPaお客様相談室


コメント(2) トラックバック(0)