負荷が高い 更新プログラム KB3035583 のアンインストール

  • []

最近、PCのファンがちょっと頑張り気味でフォーンって鳴る。気温を疑ったけど、部屋を冷房しても変わらないので、違う。

そこで、CPUID Hardware Monitor で見てみたら、普段 35°くらいだったCPUが 48°に!CPUFANは 900RPM くらいだったのが 1600RPM くらいに上がってる!そら、フォーンいうわ。

タスクマネージャーで見てみたら、GWXConfigManager.exe てのが常に13くらい頑張ってる。

【アプデ】 Windows Update KB3035583 GWXConfigManager.exeは糞である (ニッチなPCゲーマーの環境構築)

調べてみたら、Windows10の販促用アドウェアだとか… ああ、そういやそんなニュースどこかで見たわ。販促が常駐して負荷をかけるなんて。やめてよ、Microsoft。なんでも、KB3035583 という更新プログラムが正体らしい。アンインストールしてしまおう。

コントロールパネル → プログラム → プログラムと機能 → インストールされた更新プログラムを表示 で出る一覧の右上の検索ボックスで KB3035583 と検索。更新プログラム KB3035583 が上がってくるので、右クリックでアンインストールできた。

ところが、Windows Update がまた KB3035583 をインストールしようとする。Microsoftぅ。

コントロールパネル → Windows Update → 更新プログラムの確認 を選択。~個の重要な更新プログラムが利用可能です を選択する。

更新プログラム KB3035583 を右クリックで 更新プログラムの非表示 を選択する。

これで KB3035583 を未インストールでも更新プログラムが最新の状態になり、再度インストールされることはなくなった。

そして、GWXConfigManager.exe がタスクマネージャーに現れることはなくなり、CPUの温度もファンの回転数も下がった。消費電力の差も大きいな。もっと早く気付けばよかった。

関連記事
KB3035583 の再インストール

コメント(1) トラックバック(0)