さくらインターネットのライトプランでMovable Type 6を導入

旧バージョンの Movable Type の利用に関する注意喚起 (JPCERT/CC)

古いMTに脆弱性ありとのことで、5~6年触ってなかったこのサイトをMT3からMT6にアップデートしてみた。さくらインターネットのライトプランに入れる場合はなにかとコツがあったので、忘備録として残しておく。

ちなみに最新版MTの入手は…
http://www.sixapart.jp/movabletype/
上記Six Apartのサイトから、「無料トライアル」を入手する。個人の利用であれば、無料で使用可能。各項目に情報を入力すると、入手アドレスがメールで送られてくる。

さくらインターネットのライトプランにMovable Type 6をインストール

  • さくらインターネットのサーバーの基本情報は以下を例とする。
    レンタルサーバ : さくらインターネット
    契約プラン : ライト
    ドメイン : sakk.sakura.ne.jp (例)
    MT インストールパス : http://sakk.sakura.ne.jp/mt/ (例)
    使用データベース : SQLite

  1. 入手したMTの圧縮ファイルを解凍する。「MT-6.0.3」等のフォルダ名になっているが、フォルダ名は「mt」が標準的。(自分の場合、旧環境を残したまま新環境を構築したかったので、別名にした。)このフォルダをFTPでアップする。6000個あまりのファイルがあり、転送は少々時間がかかる。

  2. アップした「mt」フォルダ内に「db」という名前のフォルダを作成する。パーミッションは「755」にする。

  3. 「mt」フォルダ内にある、拡張子「cgi」のファイルのパーミッションを「755」にする。(cgiファイルは、mtフォルダ直下にしかない模様。)

  4. MTのインストールを行う。「mt」フォルダにある「mt.cgi」に、ブラウザからアクセスする。
    (例) http://sakk.sakura.ne.jp/mt/mt.cgi

  5. MTのインストールウィザードが開く。開始をクリックする。

  6. システムチェックが行われる。オプションのPerlモジュールがいくつか見つからないと出るが、無視しても大丈夫だった。

  7. データベース設定 で「SQLiteデータベース」を選択する。データベースへのパス はそのままで「接続テスト」をする。データベースの設定が完了。

  8. メール設定 を行う。システムのメールアドレス に普段使用しているメールアドレスを入力し、メール送信プログラム で「sendmail」を選択。「テストメールを送信」で、メールが問題なく送信されてくるか確認する。問題なければ「次へ」、MTの設定が完了する。

  9. アカウントの作成 を行う。各種情報を入力する。

  10. 最初のウェブサイトを作成 に各種情報を入力する。インストールが完了する。「Movable Typeにサインイン」する。

以上で、MT6のインストール完了。ブログを新規作成して記事をインポートしたり、テンプレートを編集して体裁を整える。

参考
さくらインターネットサーバーへのインストール (Movable Type)
さくらインターネットのライトプランに Movable Type 4 をインストールしてみる (グワンチェ@ココログ)

コメント(0) トラックバック(0)