よりぬきルーさん

  • []

ルーの1歳の誕生日を記念して、これまで雑記に掲載したルーを集めてみました。

よろしければ、順を追って最初からご覧ください。 ↓最初から見る

2005.05.05 1歳の誕生日

今日はルーの誕生日(推定)。1歳になりました。大きくなったなぁ。身体測定をしてみよう。

体重は5.5kg。抱きかかえて体重計に乗り、自分の体重を引き算して計る。身長は...どこからどこまでを計るべきなのか?しっぽも入れるの?調べてみると、こちらのサイトが検索にかかった。

お宅の猫の長さは? (ひめにゃんグッズ)

柔軟でくねくねした猫の長さを測るのは、胴と尾を分けて計るのが良さそうだ。それでいくとルーは、全長80cm(鼻先から尾の付け根まで50cm、尾30cm)だ。胴は平均程度なのだけど、尾はとても長いようだ。

2005.05.01 居場所

ルーもそろそろ1歳。少々は落ち着いてきただろうと、リビングだけに限定していた行動範囲を緩和することにした。さっそく心地の良い場所を見つけたようだ。

しかしまだ、目を離してても大丈夫という訳にはいかない。玄関においてあるポトスを噛み千切っていたずらしてしまった。しばらくはリビング・洗面所は、自由。玄関・廊下・階段は、在宅時のみ自由。自室は監視付きなら可。和室は不可。就寝時はケージ内とする。

2005.04.21

こわ。

2005.04.18

あぁ、はいはい。かわいい、かわいいですよ、もう。

2005.04.07 待ちわびルー

ルーは猫のくせに風呂が好き。ご主人が風呂に入っていると、入れて欲しくていつも前で待ってます。

しかし、入れ過ぎはよくないので、風呂は1ヶ月に1回程度にしています。そろそろまた入れてあげよう。

2005.04.02 左手

ルーは毛布にくるまるのが好きですが、その時、こういう風に手だけ出してることが多いです。その出している手が左のことが多いのだけど、大好きなお湯でパチャパチャ遊ぶ時も、何かにちょっかいを出すときも左のことが多いです。左利きですかねぇ。

右目が弱いから、つい左になってるだけなのかもしれない。

2005.03.26 花粉対策

そろそろ花粉の季節もピークを過ぎ、終息に向かっている時期でしょうか。今年の花粉は例年の30~50倍という途方もない量らしいのですが、どうやってそんな量を測ってんだと思ったら、杉に咲いた花の量なんだとか。ああ、そりゃ確実な計測方法かもしれない。

すごい量の花粉に対抗して我が家も手段をこうじてる訳ですが、今年は空気清浄機をフル活用。自動でずっとかけっぱなしにして、アレルゲンセンサーが反応しなくなったら、違う部屋に移してまた自動運転を繰り返してます。効果あってか、今年はほぼ、鼻に症状がありません。目は辛いですが。

あと、薬はダンリッチ(住友製薬)というのを飲んでます。薬局で聞いたらこれをすすめられました。よく効くので助かってます。朝の出勤30分前と晩の退社時間30分前の一日2回飲むと、ほぼ痒みを感じずに過ごせています。

2005.02.26 術後のルー

チャリや首の話なんかどうでもええねん、ルーはどうなってんねん。...というような意見をいただきそうなので報告。

手術でしおらしくしていたのは2日ほどで、徐々にカラーにも慣れはじめ、走るわ飛び乗るわ。股の間のものが無くなって、よりいっそう身軽になったようです。カラーが邪魔して噛むのだけは防げていましたが、無事抜糸を済ませて邪魔もとれ、リミッター解除。元気いっぱい暴れまわっておりますよ。

やっぱり元気なのがルーらしいやと、あきらめの境地。

2005.02.13 虚勢

ルーを虚勢した。傷口をさわらないよう、エリザベスカラーをつけている。治り始めるとかゆくなり、なめたり掻いたりして治りが悪くなるのだそうだ。不自由だが、2週間ほどはこれで我慢してもらうしかない。

外に出さないのだから、虚勢は必要無いんじゃないの?とも言われたのだけど、オス猫は盛りが始まるとスプレーという、尿を吹きかける行為を始める。匂いで存在をアピールする訳だけど、それがびっくりするほど臭い(猫好きの友人談)らしい。普通の状態でも猫の尿は臭いのに、そんなもの家の中でされたらたまらない。少々の壁や柱の傷は許容できても、臭さは無理。

虚勢には賛否両論ある。猫の自由を奪うことだし、虐待じゃないかとも思う。しかし、人の社会の中で動物を飼う以上、まず考えなきゃいけないのは人に迷惑をかけないようにすることで、最低限のルールだとも思う。家から出さないのはもちろん、大きな泣き声、臭いを出すなら対処しなくちゃいけない。

猫は生殖させないなら、虚勢した方が生殖器の疾病にかかりにくくなり、生殖したいのにできないというストレスからも開放されメリットもある...とされているが、自分の場合はその理由は後付けだ。猫のためではなく、人間のため、特に自分のためというのが正直なところ。エゴだと思う。

2005.02.08 ふっくら


ルーはずいぶんふっくらしてきた。このほっぺ...たまらん。


「ん?」
いえ、なんでもないです。

2005.01.26 寝転がルー

使ってないから持ってけと、実家からホットカーペットをいただいた。思ったより部屋にマッチしていて気に入っている。お客さんが来たときくらいにしかスイッチは入れてないのだけど、ひいているだけでも暖かい。ルーも気に入っているようだ。爪がひっかかってダッシュしやすいようで、バタバタ走る。

ルーの血液検査の結果はすべて陰性だった。目と鼻の調子は相変わらずだけど、致命的な病気にはかかってないようだ。健康的に問題なしということで、2月はじめに虚勢手術。

2005.01.15 寝ルー

今日は朝から動物病院へ。虚勢手術の事前検査のために採血する。来週くらいに結果が出て、問題がなければ再来週くらいに手術となる予定。

2004.12.25 サーマル

猫は寒がり。冬はかわいそうだから絶対買えと、ルーの支援者にすすめられて猫用の保温クッションシートを通販で購入。中に保温効果のあるシートがはいっていて、それがNASAの宇宙服に使用する素材だというのがこの商品の売り。

ひいてみると、しきりににおいをかいだり噛んだり。中のシートがチャラチャラ音がするのが気になるみたい。そのうち慣れるでしょ。あ、もう慣れてる。結構な値段なのだけど、もひとつ効果のほどはわからない。ないよりは暖かいのでよしとする。

追記
試しに自分で使用してみたら、意外と良い。フローリングにこれ一つひいて座ってみるとぽかぽか暖かかいです。普通のクッションではこうはいかない。値段分の効果はあるようだ。ちなみに豹柄が気に食わない場合は、裏返しにして無地の面を使っても大丈夫です。

■サーマルクッション

2004.12.22 でか

最近ルーのこと書いてないぞと催促のメールをよこす人がいるので、ルーを載せてやる。どうだ、かわいくないだろう。

体重は5キロにもなってしまった。ずっと子猫用の餌をあげているのだけど、どうやら子猫用の餌は4ヶ月ほどまでにしておくものらしい。餌の袋に「~12ヶ月まで」とあるもんだから、12ヶ月まではやらなきゃいけないもんだとあげ続けていた。値の張る子猫用の餌を買わせ続けようという魂胆だな。高カロリーな子猫用食い続けて、でかくなる訳だ。

そろそろ大人用にしなきゃなと思っていたけど、遅すぎたかも。これ以上はあまりでかくなって欲しくないのだけど、大きくなるのを止めることもできないので、まぁなるようになれ。

2004.11.22 入浴

風呂に入っていたらルーが覗きにきたので、捕まえて湯船に浸けてやった。全然暴れなかった。数ヶ月前に風呂に入れたときはもっと抵抗を見せたのだけど、この安心のしかたはどうだ。信頼されてきたのかも。

毛並みがつやつや・すべすべになって撫でると気持ちいい。近頃、背中の毛が硬くなってきたので大人になってきたせいかと思っていたのだけど、分泌物で固まっていたみたい。猫の入浴は頻繁にはよくないのだけど、時々は入れてやりたい。

2004.11.20 首輪

ルーに首輪をつけた。皮製ので考えていたのだけど、「それだと硬いし蒸れそうやな」と猫好きに言われたので、なるほどそうかもしれないと布紐製を選択。蓄光性のある繊維を織り込んだもので、暗いと光る。ついていた鈴は外した。嫌がって転げまわるかと思ったのだけど、最初気にした程度でもう慣れてしまった様子。意外なところで聞き分けがいい。

首輪をつけると、撫でた時に首もとのやわらかい感触を邪魔するのでもったいない。けど、もし家から脱出してしまったときに、飼い猫と分かるよう首輪はつけておいた方が良いらしいのですよ。仕方ない。

2004.11.14 伸びルー

猫って、伸びると思ったより長くてびっくりする。

2004.11.06 窓辺のルー

無心に外を見つめてる...ように見えるけど、目はしっかりこっち見てる。

2004.10.24 ぬくぬく

急に冷え込んできたので、寒さ対策。キャリーケースに毛布をひいて入れてみた。喜んで入っている...ように見えるワンショット。

もう生後6ヶ月。体重も3.4kgになった。痩せて三角形に尖っていた顔も丸くなり、胸や胴もふかふか。相変わらず目の調子が悪いが、少しづつ白濁も薄くなってきて順調に回復している様子。

そろそろ虚勢の時期なのだけど、できるなら充分に大人の体に成長する8ヶ月くらいから手術を行った方が良いそうだ。スプレーとかしだしたらそんなこと言ってられないのだけど、ギリギリまで様子を見ようということになった。

2004.10.11

ルーがガジガジ噛んでた毛布に血が!調べたら毛布に食い込んだ歯を発見。口を開けると右上の犬歯が抜けて血が出てる。生後5ヶ月ほどなので、永久歯への生え変わりの時期。左上の犬歯は少し前に抜け落ちていて今は下の犬歯しかないので、噛まれてもあまり痛くないぞ。

2004.09.27 チュパチュパモード

ルーは肉球を吸う癖があるんですよ。生まれてすぐ親から引き離されてしまった猫によく見られる行動だそうで。

長い時間そばに誰も居ないと、人の顔を見るなり喉をゴロゴロ言わせてチュパチュパやりはじめる。このチュパチュパモードになったらいくら撫でても嫌がらず、目を細めて喜んでる。モード終了と同時にカプッと来るんですけどね。

2004.09.06 通院

ルーを動物病院に連れて行った。ここ最近は瞬膜が出っぱなしになっていない日もあって目の調子が良かったのだけど、2・3日前から目をショボショボさせたり、瞼が痙攣したりするようになった。ルーの右目はウィルス性の病気で、ウィルスを抑制する効果のあるインターフェロンを点眼してきた。しかし、それだけでは生ぬるいようなので、今日は抗生物質を注射してもらった。ウィルスに全身で対抗してみる。

これまでルーを病院に連れて行くときは籐の籠に入れていたのだけど、そろそろルーには小さくなってきたので、帰りにキャリングケースを購入した。籐の籠は外が見えないせいか、不安がってニャーニャー鳴いたのだけど、このケースは安心しているみたい。

2004.08.29 テリトリー

ケージを新調。高かった... トイレもフード付のものに。成長して落ち着くまで、ケージの中での生活を基本にしてもらう。見てやれない時は出さず、部屋の中で放し飼いというのは当分やめておく。

閉じ込めて飼うのはかわいそうじゃないかとも思うのだけど、人間と生活テリトリーを重ねて落ち着かない状況にいるより、ケージ内をテリトリーとして過ごさせる方法も有効だそうだ。ケージ内で過ごす時間が多くなるので、できるだけ広いケージにした。

前のケージは出せーという感じでガリガリ格子をかじったのだけど、新ケージは結構気に入っているようで、すぐ寝入ってしまった。気に入ると、ケージの方が快適なので、扉を開けておいてもケージ内で過ごすようになるそうだ。気に入りすぎて出てこなくならなきゃいいのだけど。

2004.08.26 証明写真

← 2.5cm →   名前
    ルー
  性別
    オス
  生年月日
    2004/05/05(推測)
  毛色
    シルバー・マッカレル・タビー&ホワイト
  性格
    強情 捕食性強

  備考
    あまり鳴かない すぐ噛むので注意
← 2.5cm →

動物病院の診察券に貼る写真を撮った。猫を正面から撮るってむずかしい。フラッシュを焚くと目が細くなるので、フラッシュなし。シャッター速度が落ちてるので、ぶれまくる。おもちゃにじゃれさせて注意を引いたり、水をのませたり、半時間格闘。遊び疲れて休んでいるところをやっと撮ることができた。

2004.08.22 しつけ中

また顔を噛まれて出血。しばらくケージで過ごしてもらう。噛んだら遊んでもらえないことを覚えてもらおう。謹慎中を監視してやる。「ネコカメラ」(終了)

2004.08.13 無視

実家で父の足にかぶりつくルー。誰だろうがおかまいなしに噛むので注意。

獣医さんからのアドバイスで、噛まれたら無視する方向で接することにした。「ガブ」あっ、もう遊んであげない。お前なんかどっかいけ。興奮しておさまらないようなら、ケージに入ってもらう。「にゃーん」そんな時ばっかりかわいい声出してもだめ。

8/7~8/15は盆休みなのだけど、風邪ひいてぐったり。もう、ゆっくり家でルーと遊んで過ごそう。

2004.08.08 上る

ルーは日に日に成長している。とうとう、我が家で一番高い窓に上れるようになった。脱出できないよう、網戸のストッパーを買ってきた。網も金属製の破られないものに換える予定。

2004.08.05 盛り上げ

ここんとこ続けてルーのこと書いているけど、これは「かわいくて書かずにはいられない」という方向に気分を盛り上げている部分もある。でも、そろそろ浮かれ気分ばかりでルーのこと書くのやめよう。ルーには嫌になることも多い。噛むのやめろ。コラ。寝てる時くらいしか安心してなでることができないのが辛い。

「ガリッ」 痛ーっ!! 噛むなっちゅうとんじゃー!!

2004.07.27

ルーの背中って、ナポレオンフィッシュみたいな模様やなぁ。と言ったら、猫の模様に鯖ってのがあるんだよーって嫁さんがトリビアを披露。へぇー。調べてみたら、猫の縞模様の種類に鯖虎というのがある。マッカレル(鯖)・タビー(縞)というのが正式名称だそうです。ルーの場合「シルバー・マッカレル・タビー&ホワイト」となるらしい。

さて、ルーの近況。うちに慣れてきたのか、テーブルや出窓に登ったり、観葉植物をちぎっていたずらしたりし始めました。じゃれついて爪を立てたり、噛むのがひどくなってきたので、しっかり躾けるにはどうしたものか。噛んだらおしりを叩くのが良いらしいので、実践中。

2004.07.26 生い立ち

ルーは兄弟と一緒に川に捨てられ、溺れていたところを助けられました。皆衰弱しきっており、兄弟は次々と死んでしまいました。川の水が不衛生だったのか、右目が炎症をおこし腫れ上がり膿でじゅくじゅくだったけど、3ヶ月経って今は随分よくなってます。でも、まだ少しにごっていて始終涙目だし、視力も弱いみたい。風邪気味でくしゃみをして鼻水たらしたりしてます。

こんな症状なのに、バタバタ駆け回って飛び掛ってきます。完全に治ったら、手に負えないほど元気になってしまうかも。それも心配。

2004.07.25 工作

ここんとこ、猫サイトになってますな。今日はトイレの周りにダンボールを加工して覆いをつけました。用を足して砂をかくと、そこらじゅうに砂が撒き散っちゃうもんで。そして、手足に着いた砂が落ちるように網目のタイルをケージの底に敷き詰めてみました。

怖がって近寄らないんじゃないかと心配でしたが、セットしたとたんに用を足しました。我慢してたの?後は、給水ボトルから水を飲んでくれるようになったらいいのだけど、まだ覚えてくれません。

2004.07.24 ルー

これは閉じ込めたんじゃないです。後ろがコード類を通すために開いていて、そっちから入り込みました。隅々歩き回って新しい環境を調査している模様。

名前はルー。親戚がつけた名前そのまま。由来は知らない。カレーとかのルーですか?英語のスペルを調べてみたら "Roux" で、なんかかっこいい!飼い続けたとしても、名前はこのままで行こうと思います。

2004.07.23

猫きたー。力の限り遊びまわって、すぐ疲れて寝る。トイレは大小どちらもきちんと所定の場所でやってくれた。えらい。カーテンをのぼるので叱るのだけど、駄目だってことを覚えてくれない。あほう。

2004.07.21 心づもり

明後日、猫がやってくる。親戚が保護した、捨てられていた子猫。親戚が引越しする間あずかるのだけど、そのまま飼う事になるのかもしれない。猫がうちを気に入らなかったり、とても飼えそうになかったら返すということで、まずはお試し期間。とりあえず、壁やらを傷だらけにされたくないのでケージと養生パネルを買ってきた。

少々は傷をつけられるのは覚悟している。でも、なすがままにして甘やかして飼うのは嫌。きちんと覚えるまでしつけるのだ。しつけられていないうちは基本的にケージ内に居てもらう。飼うなら去勢するし、家の外には絶対出さないし、悪さをしたら痛く叩くつもりだし。それは自然のままじゃないので虐待じゃない?と言われても、そうじゃなきゃ飼わないからね。絶対だからね。わかったね?ね?

コメント(0) トラックバック(0)