プラモデルはショーケースで飾るとかっこいい

ニトリで1/12バイクのプラモデルにちょうどよさそうなショーケースがあったので買ってみました。¥498(税込み)。
 

昔に作ったバイクのプラモデルを飾ってたんですが、ショーケースの代わりにヘッドホンのパッケージに入れてました。それが、だんだん黄ばんできて、上にはホコリがかぶり、みすぼらしく…
 

出してみたら、中身はちゃんと白いんですよ。タミヤ 1/12 VFR750R(RC30)です。当時のHONDAの最高技術を余すことなく詰め込み、全てハンドメイドで生産されたレーサーベースのバイク。148万円と高額だったのですが、1000台限定生産で、注文殺到。抽選販売となった名車です。カラーはトリコロールと、レース向けに塗装される前提の白が選べたんですが、この無垢な白が気に入り、まねて塗装しました。車用のウレタン塗料で塗装し、上からクリアまで吹いたんですよ。

他にも、ミラーやマフラーにアルミテープを貼ったり、フレーム部品の材質の違いをちゃんと塗り分けたり、エアホースを透明な材質にしたり、ブレーキホースにスパイラルチューブを巻いたり、よくやるわ!ってくらいいろいろ手を入れてて、今はそこまでやる根気ないだろうな。
 

まぁ、そんだけ気合を入れて作ったんだから、ちゃんと飾ってやろうとショーケースに入れてみました。うん、価値が上がった。 …ただ、このケースは上に重ねて置けるという機能があって、天板に余計な凹凸があるんですよね。成型時の跡もあるし、もう少しいいショーケースにしたくなるなー。タミヤから出てるやつ買おうかな。