自転車のライトの電球を交換しなくてもよかった

自転車のライトが急につかなくなった。球切れかな?と思って電球を新しいものに交換してみた。でもつかない。

どこか接触不良なのか?ライト側面のオレンジ灯は点灯しているので、ハブダイナモからライトまでは問題なく通電しているみたいだ。

そこで端子とか接触部分を見てみる。電球とソケットをコジコジしてみたら、点灯した。原因はここだったのか。

ちなみに、オートライトの場合、大抵ライトの下部に切り替えスイッチがあるので、AUTOからONにしておくと明るい所でも光り、点灯するかどうか確認しやすいですよ。

コメント(0) トラックバック(0)