3Dバイオプリンターで高性能人工義眼

「3Dバイオプリンター」でついにアレをつくる?12年後にはWiFI搭載の人工眼球が移植できるようになるかもしれない (FUTURUS)

3Dバイオプリンターなんてものがあるのか。そいつで高性能な人工眼球を作って、移植しちゃう。人工眼球は見たものをWiFiで飛ばして撮影したりシェアできたりするのだとか。

人工眼球の装着は手術によって元の目玉を取り除き接続用の端子を埋め込む。そのあとは自分で自由に人工眼球を脱着できるようにするそうだ。

自分は右目がちょっと悪いので、取り換えたいな。200gのパックを受け取った時の運動量変化を三次元計測で割り出して総質量を算出したりしたい。

参照
MHOX EYE

コメント(0) トラックバック(0)