デング熱の感染を抑える蚊

日本でもデング熱の感染が広がっていて、心配ですね。少し前に取り上げたニュース、「生まれてもすぐ死ぬ遺伝子操作をした蚊を放して全滅作戦」というのがあったのだけど、別の作戦が実行されたようだ。

デング熱を根絶やしにする蚊が登場 (GIGAZINE)

ブラジルのFiocruz研究所は、拡大を続けるデング熱の除去について研究しており、デング熱をブロックする働きを持つバクテリアに感染させた1万匹の蚊を放ちました。毎月1度ずつ、4か月間にわたってリオデジャネイロ北部で蚊の放出が予定されており、この蚊が繁殖して増加することで、デング熱発症の防止効果の増大が期待されています。今後はオーストラリア、ベトナムおよびインドネシアでも同プログラムが実施されているとのこと。

デング熱をブロックするバクテリア「ボルバキア」に感染した蚊を放ち、血を吸った人間には「体内のデングウイルスの増殖を抑える効果」さらに、「デング熱ウィルスを持つ蚊を減少させる効果」があるのだとか。

完璧じゃないの。完璧すぎて何か重大な問題が隠れてないか心配しちゃう。そう、小説や映画でよくあるパターンだから(笑)

コメント(0) トラックバック(0)