SHARP AQUOS LC-37GX5

液晶TVを買いました!有機ELやSEDなど次世代規格が普及価格になるまで待とうかと思っていたんですが、それにはあと5年以上はかかりそうだし、もう買っちゃう。

ゲームをプレイするときに表示遅延がないということでプラズマTVも検討したのだけど、消費電力が500W近くもあってエアコンと同時使用したらブレーカーが心配なので却下。液晶の37インチに絞って検討し、現行の液晶TVの中でも表示遅延が少ないと評判のVIERA TH-37LZ85にしようかと電器店で見てたら、横においてあるAQUOS LC-37GX5が気になりだした。VIERAの方はくっきりしているのだけど、派手な発色でギラギラしていて長時間は見ていられなさそう。AQUOSの方は比べると輪郭が微妙にボケているが、発色が自然で階調も高く、目に優しくいい感じ。うう~ん、どうしよう。一旦家に帰り、一日悩んでAQUOS LC-37GX5を選びました。

PS3をHDMIで接続して見てみる。おお、リトルビッグプラネットのキャラの編んだ目地がくっきり。小さな文字もすべて読める。まいにちいっしょも、後ろに貼ったポスターに権利表記が書いてある。これまで分かんなかった。他のゲームもテクスチャの素材感の密度が違う。これだけのものが表現されているのに、前のブラウン管ではすべてを表示できていなかったんだな。

気になっていた表示遅延はどんなものか。動きは滑らかになるが遅延が多くなるらしいのでQS駆動(120Hz)は切った状態でタイミングがシビアなゲームをやってみる。GT5プロローグ、リッジ7、マリオカートWii、スカイ・クロラ、ソウルキャリバー4、スーパーファミコンを繋いでスト2をやってみたが、どれも操作に対して遅れがあるように感じない。もう液晶TVでも遅延は問題ないレベルになってきてるみたいですね。

しかし、今回なかなか満足のいく買い物になったかなと思ったら、問題発生。アンテナに接続してみたら地デジが全然入らない。せっかくの高画質番組が見れないなんて… 設置してくれた電器屋さん曰く、アンテナの老朽化か、壁面の端子がネジ締め付け型で電波がロスしている可能性と、地域的に電波障害が起こりやすい環境かもしれないとのこと。うーん。アンテナの工事してもらうしかないかな。もう、いっそのことeo光に加入するか?

コメント(2) トラックバック(0)