日本人の身長は低くなってきている

先日紹介した「親の身長から子供の身長を計算する式」ですが、成長障害であるかどうかの判断に使われているそうです。あくまでも目安ですね。計算では絶対に背が高くなって行きますし、兄弟皆同じ背になります。

身長についていろいろ調べてみるとおもしろいデータが。日本人は年々身長が高くなっているのかと思っていたのですが、そうでもないようです。

日本人の身長はもう伸びないのか (子どもの身長を伸ばす育児法)

1969年生まれの171.8cmをピークに頭打ち傾向が出ています。そういえば、たしかに背の高い子も多いのですが、背の低い子も割とよく見かけますね。二極化してるんですかね?背の高い子は随分高かったりするので、世代全体的に背が高いような印象を持つのかもしれません。

世界の平均身長を調べてみると、以下のようなサイトがありました。

世界の平均身長 (kurabe.net)

65ヶ国中、世界一はオランダで男子182.5cm、女子170.5cm。日本は男子30位で170.7cm、女子52位で157.9cmでした。オランダは1996年の15~25歳、日本は2002年の17歳が調査対象です。国によって調査年度や調査対象年齢にバラつきがあり、厳密には比較しにくいデータのようですね。なぜか、男性のデータが不明の国が多いのが興味深い点です。

コメント(1) トラックバック(0)