携帯電話の暗証番号解析に注意

ケータイ盗難に注意…暗証番号解読機が出回る? (RBB TODAY)

静岡県警は13日、車上荒らしで盗んだ携帯電話の暗証番号を解読し、キャッシュカードやクレジットカードで現金の引き出しを行っていたとして、42歳の男を窃盗容疑で逮捕した。男が用いていた暗号解読機は第三者が自作したものとみられ、警察では入手経路などを厳しく追及している。
──暗証番号解読機について、男は「10万円で買った」と供述しているが、入手ルートについては完全に黙秘。
──このような機械についてはキャリアはもちろん、電話機メーカーも「初めて聞いた」などと警察には回答しているようだ。

10万て、なにその金額。一般に市販されてる数千円のソフト、ケータイ・リンク 10で数分もかからず解析できますけど… キャリア・電話器メーカーが知らないはずもないのだけど、なんでそんな回答を?販売店で簡単に暗証番号解除してデータ移行するじゃないですか。“出回ってるのは”初めて聞いたということでしょうか。

解読機自体は昨年春、男が浜松市内の駐車場に乗り捨てた盗難車の車内から回収されているが、当初は何に使う機械なのかわからず、捜査員の携帯電話を接続し、暗証番号が表示されたときには驚愕の声が上がったという。

警察もIT方面の情報収集は万全とは言えない印象。やはり、暗証番号は同じにしないなど、自衛を心がけないとヤバイ。もし、カードと同じ番号にしてるのなら、すぐ変更しておきましょう。ほんと、簡単に分かっちゃいますよ。

→ケータイ・リンク 10についてはこちらで解説しています。

コメント(0) トラックバック(0)